About dressing essence

バンド写真

仕上げに不可欠な『オンガク』を創る

『まとまりのあるスタンダードは目指さない。同じような曲、創っても面白くないぢゃん』をモットーに演って、聴いて気持ちいいモノを探し求めている、好き勝手しているバンド。

日常の中でオンガクのないシーンってあんまりなくって、でもオンガクがメインのシーンも実はあんまりなくって…だから、メインでなくてもいいんだけれど、「ここだッ!」って気持ちの仕上げに絶対不可欠なオンガクを創りたい。

つまり「dressing=仕上げ」「essence=不可欠の要素」ってね。

つかめそうで、つかめなくって、ちょっとだけ面はゆい。意味がなさそうでいて、とっても意味深なカンジ…そう、そんなカンジを"らしさ"と心得る。